機内使用禁止か?ジェットキッズのベッドボックス(JetKids BedBox)は使えるか航空会社に聞いてみた。

スポンサーリンク

一部の航空会社では、使用禁止になっていて、ベットとして使えないことがあります。

近頃見かける、子供用の飛行機で使う便利グッズ ジェットキッズのベッドボックスについて、航空会社の予約担当の人に聞いたところ、興味深い回答が得られました。

航空会社の予約部門では、いろいろなケースや持ち込む物について確認をしてくれます。但し、各航空会社によって運用や見解が分かれるのであくまでも参考として頂ければと思います。

ジェットキッズベットボックス

販売会社ホームページより

ベットとして使用できない!

ジェットキッズベッドボックスベット形状

販売会社ホームページより

製品の特長として、最初に掲載されています。確かに飛行機に備え付けされているベビーベットが使用できない、2歳以上の子供には便利な機能ですね。

国際線の長距離で使用できれば、フラットな形状でぐっすり寝てくれそうな気がします。

この製品について、アジアの航空会社の予約センターに聞いたところ以外な回答があったのでびっくりしました。

確認したところ、飛行機が離着陸の時はもちろんですが、水平飛行でシートベルトサインが消えてもベットとしては、安全上の理由(急な揺れや気流の変化に備え、常にシートベルトによって体が固定できない為)により使用できないとのことでした。

製品を販売会社のホームページで見てもらったところ、体を固定するベルトやハーネスがベットについていない為、安全に体を固定できないそうです。

座席のシートベルトが子供の胸や首にかかる可能性があり、安全に体を固定できないのが安全を確保できない理由とのことでした。

なお、子供や赤ちゃんが飛行機の座席に座るための補助器具は、自動車用のチャイルドシートしか使用許可が出せないそうです。(チャイルドシートは、国土交通省の承認済みかFAA(アメリカ連邦航空局),EASA(欧州航空安全庁)の承認済み製品のみ使用できます。 )

また、ベットが必要な場合は、ベビーベット(バシネット)を事前に予約することが望ましいです。

しかひ、ベットの数・身長・体重・月齢など制限があるので、利用する航空会社に確認をする必要があるとのことでした。

LCCのジェットスターでは、抱っこひもの機内使用が禁止されております。

このように、子供の補助具については、各社の基準が異なります。ほかの会社ではOKだったのに・・・という事態を避けるために、利用する航空会社へ確認をしておきましょう。

スポンサーリンク

フットレストとして使用は・・・難しい

ジェットキッズベットボックスレッグレスト

販売会社ホームページより

機内持ち込み手荷物は、荷物は座席の下に収納するか、上の荷物棚に収納するようにとのことでした。

手荷物を通路に置かない

定期航空協会ホームページより

http://www.teikokyo.gr.jp/topics/

通路などに手荷物を置くことは、航空法第73条の4第5項の安全阻害行為等に該当する恐れがあるとのことでした。そのため、厳密にはフットレストとして使用する場合は、安全を確保できる状況で使用しなければならないそうです。

そのため、客室乗務員の指示により、収納するよう指示があれば、使用を中止しなければならないそうです。

また、ベッドボックスと飛行機のイスとの固定も、航空機専用の固定ベルトでないと安全を確保できないとのことでした。

荷物をイスに固定する必要がある場合は、荷物をイスの上に置かなくてはいけなく、荷物用の航空券を追加で購入する必要もあるとのことでした。

スポンサーリンク

機内持ち込みの手荷物としてはOK

機内持ち込みの規定のサイズに収まっていれば、機内持ち込みについて問題がないとのことでした。

子供用の機内持ち込みスーツケースとして使用する分については、問題ないそうです。

タイ国際航空では、ベット・フットレストとして使使えない

タイ国際航空では、公式ホームページにて、飛行中には使用できませんと発表しています。

タイ国際航空 ジェットキッズ ベッドボックス注意

タイ国際航空ホームページより抜粋

ベットやフットレストとして使用することができないので、子供用の手荷物いれとして使用しましょう

スポンサーリンク

まとめ、飛行機で使用せずに電車での使用が無難

結論では、現時点では飛行機内で使用するには、残念ながら難しいのではないかと思いました。

せっかく購入したのに、機内で使用できないかもしれないのが残念です。

NHKまちかど情報室 ジェットキッズ ベッドボックス

©NHK

2017年8月9日のNHK「おはよう日本 まちかど情報室」にてに取り上げられましたが、使用シーンは、電車で使用しているシーンでした。

非常にコンセプトとしては良い製品なので、できれば各認証試験を取得し、各航空会社に、安心安全で使用できるように改善されるといいですね。

コメント

  1. nami より:

    はじめまして。ジェットキッズを検索してこちらのサイトに辿り着きました。私は今秋にチャイナエアラインでハワイに行く際、こちらを利用するため購入したのですが、使用不可のアジアの会社というのはチャイナエアラインだったりしますか…?私も一応電話で問い合わせたのですが、「そのような商品は知らないが、持ち込み可能なサイズなので持ち込みは可。シートベルト着用サインの付いているときは不可だが、それ以外は特に足元に置いてベッドとして利用するのがダメという規定は無い」と言われました。因みに他の個人のサイトによると、JALとANAは国内・国際線共に、窓側などで離着陸時以外なら使用可能と回答されたそうです。もしよろしければ、お答え頂ける範囲で構いませんので、チャイナエアラインかそうで無いかだけでも教えて頂けると助かります。よろしくお願い致します。

    • n より:

      ご質問ありがとうございます。
      確認先はチャイナエアラインではありません。確認した航空会社の方のお話では、現時点では、各航空当局の正確な規定がないスキマ商品になっているとのことでした。
      ただ、ベットにしていた場合、乱気流になれば乳児を固定するシートベルトがなく確実に乳児が飛んでしまい、事故になり、死亡する可能性があるというのが安全上の理由という回答でした。
      当面は、使用できるようですので、利用する航空会社毎に確認をした方が良いかもしれません。使用については、自己責任が原則の便利グッズの域なのが微妙です。