航空券の名前・性別・大人と子供を間違えたときは? 対処方法のまとめ

スポンサーリンク

ネット系の旅行会社や航空会社のオンライン予約などにより、国際線の航空券も手軽かつ安く購入できるようになりましたが、その分操作はより慎重に行う必要があります。

修正対応には、時間がかかる場合が多いので、発覚後は早急な対応が必要です。

パスポートと完全一致していないと搭乗拒否になります

国際線の航空券は、航空券の記載されている名前と使用するパスポートの名前が完全一致していない場合、別人と判断します。

従って一文字でも異なっている場合は、搭乗できなくなります

パスポートの名前に括弧 ()や「」が含まれている場合、括弧を含めた部分を除外して入力します。旧姓をパスポートに残すため、括弧内に旧姓を入れている場合は、注意が必要です。

名前に、ー(ハイフン)が含まれている場合も、ハイフンを入力しないで詰めて入力します。

パスポートの写真のページの下の方にある、機械読み取り部分の区切りの通りに名前を入力する必要があります。

また、国によっては、帰国の航空券を持っていることを前提に、入国時のビザが免除される国があります。

パスポートの名前と違っている場合は、やはり同一人物と見なせないため、入国条件を満たすことが出来なくなり、入国が拒否されます。

スポンサーリンク

大人と子供を間違えたら?

乳児(生後8日~2歳未満)、小児(2歳以上~11歳)の場合、名前の後に男の子は「MSTR」、女の子は「MISS」というタイトルが付きます。

正規割引運賃の航空券の場合、乳児・小児割引があります。もし12歳になっていて、小児の航空券を購入した場合は、大人運賃と空港使用料の差額の支払いが必要です。

さらに、予約情報の更新と航空券の差し替えが必要になります。

なお、差額支払いは、交換発券という手順が必要なので、「差額運賃+交換発券手数料」が必要になります。
スポンサーリンク

性別を間違えたら?

男性の場合「MR」、女性の場合「MS」もしくは「MRS」というタイトルが付きます。

やはり、パスポートと完全一致が必要なので、間違えてしまった場合は、予約情報の更新と航空券の差し替えが必要になります。

また、航空会社によっては、訂正の確認の為、パスポートのコピーが必要になる場合もあります。

エクスペディアで航空券を予約した場合、性別が入力されていませんがこれは問題ありません。

スポンサーリンク

離婚して苗字が変わった場合は?

離婚前に予約をして、離婚後に海外に行く場合は、パスポートの名前を変更しない限り、そのまま利用できます

離婚した場合、各種書類の苗字が変わりますが、海外に行く場合パスポートが正式な書類として機能するので、問題ありません。

「離婚したので、前の名字を見たくないわ」という場合、パスポートの記載事項変更申請(手数料6,000円)や切替申請(手数料16,000円)を行うことができますが、同時に航空券も修正手続きを行う必要があります。

従来あった、訂正申請(名前などの補記が追加できる申請)は2014年3月19日に廃止されました。

手続きが煩雑になりましたが、渡航書類の厳格化の流れでなので致し方ありません。

スポンサーリンク

乗れたという情報がネットにあるけど・・・本当はどうなの?

旅客サービス(クレーム予防)のため、Limited release(リミテッドリリース)という免責同意書に署名をした上で、搭乗券を渡される場合があるようです。

航空会社に責任が無い旨を同意するものです。到着時や今後、何かあっても自己責任を受け入れますという承諾書なります。

なお、航空会社はAIPS(事前旅客情報システム)にて、到着国の税関や入国管理局に搭乗者リストを送信しています。

そのため、たとえ搭乗できた場合でも、到着後、該当する旅客情報とパスポート内容が一致しないため、入国審査ではAIPSの事前情報と一致しないため、別室にて詳細調査を受ける可能性があります。

別室での詳細調査は、審査官との面接になります。翻訳担当がいない場合、自分で説明することになるので、相当の語学力(英語もしくは現地語)が必要になります。

また、滞在理由をななり緻密に聞かれ、会う予定の人に電話で事実確認をされることもしばしばです。

また、搭乗できた場合でもマイレージは、名前が違うために積算ができなくなります。リミテッドリリースに同意していますから、どんなに交渉してもリミテッドリリースにより免責されます。

さらに、マイレージサービスの各種特典(ラウンジの利用や超過手荷物の優遇処置)も利用できなくなります。(搭乗拒否よりはマシですね。)

スポンサーリンク

オンラインチェックイン出来たら大丈夫?

残念ながら、この場合でも搭乗できなくなります

出発の前に航空会社のホームページなどで、手続きを行うとチェックインカウンターに寄らないで直接、空港の保安検査場に行けるシステムがあります。

保安検査場では、航空券の有無を確認しており、名前の詳細な確認まではしていません。

しかし、搭乗口では、パスポートと搭乗券との目視チェックをしますので、ここで発覚します。別人による搭乗という、保安上シリアスな状況なので、空港の保安員(場合によっては、空港警察)に引き渡されます。

スポンサーリンク

修正手続きは、どこで、いつ行うか?

air_TKT_AGT

上の図の通りになります。航空会社でも予約状況は把握していますが、旅行会社の予約情報は、旅行会社の承認がないまま修正できないので、予約元に連絡することになります。

オンライン系の旅行会社の場合、ホームページに連絡先の記載がなく、予約確認メールに連絡先が記載されている場合が多いので、予約時のメールを確認しましょう。

発覚したら、すぐに連絡をとることが大事です。連絡を入れるタイミングによっては、費用が大きく変わる可能性があります。
スポンサーリンク

費用は、どれくらい掛かりますか?

基本的に航空券は、予約だけ取ることが出来ます。予約後に代金を支払うと、航空券が発券されます。このタイミングによって、かかる費用が変わってきます。

TKT_ISU_RFND

航空券代金を支払っていない場合

予約内容を変更依頼をします。その際に、名前の確認の為、パスポートの提出が必要になる場合があります。費用は、旅行会社の場合、予約変更手数料になります。

航空会社で直接購入した場合は、パスポートの提出が必要になりますが、費用はかからず無料で変更できる場合がほとんどです。

航空券代金を支払った場合

代金を支払うと航空券を発券しますが、旅行内容を全て確認した上での作業になるため、ファイナルと呼ぶことが多いです。(旅行業界用語です。)

オンライン系の旅行会社は、ほとんど予約と代金支払いが一連の流れになっています。そのため、自動的に航空券も発券されようなシステムになっています。

航空券発券してしまうと、以後の修正等には全て手数料が発生します。

航空券の発券当日の変更の場合

航空券のVOID処理にて、発券した航空券を無効(つまりVOID)することができます。

営業時間内のみの対応ですので、土日祝祭日や年末年始・お盆・連休には対応できません。

最初に発券した航空券の無効処理を行い、予約情報を修正し、再度航空券を発券する手順になります。無論、パスポートの提出は必要で、航空会社の承認(旅行会社が手配します。)も必要です。

費用は、予約変更手数料+VOID手数料+交換発券手数料が必要になります。

航空券の発券翌日以後の変更の場合

払い戻しと交換発行が必要です。最初に発券した航空券の払い戻し処理を行い、予約情報を修正し、再度航空券を正しい名前で発券する手順になります。

やはり、、パスポートの提出は必要で、航空会社の承認(旅行会社が手配します。)も必要です。
費用は、予約変更手数料+航空券の払い戻し手数料+交換発行手数料が必要です。

航空券のルールによっては、払い戻しができない場合があります。その場合は、キャンセルの手続きを行うほか手段がありません。

キャンセル後は、再度予約をすることになりますが、出発間際ですと空席が少なくなっていたり、販売制限があるため、安い航空券を購入することができなくなります。

ほとんどの旅行会社では、この「払い戻し+交換発行」の対応になります。

スポンサーリンク

まとめ

間違えが分かったら、すぐに行動することが大事です。予約をしたところに、至急連絡をして、各会社の指示を仰ぎましょう。

ただし、必ず費用が発生するので、心の準備を忘れずに冷静に対応を行ってださい。